スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かぎしっぽさんが自社のブログにて「チャルを安楽死した事」を認めたのでご報告致します。

高知県南国市のふれあいカフェかぎしっぽさん(あすも25合同会社)(愛玩動物保護育成センターしろうさぎ)について その4

かぎしっぽさんが自社のブログにて「チャルを安楽死した事」を認めたのでご報告致します。
http://asumo25.jugem.jp/?eid=261(記事が削除されましたのでスクリーンショットを掲載致します

自ら殺めたチャルをいつまで侮辱するつもりですか?
かぎしっぽさんを信頼してチャルを託した方々をいつまで傷つけるつもりですか?
自分を正当化するためならどれだけウソを重ねても平気ですか?

「チャル」や「チャルの幸せを願って託した方々」の気持ちを考えたら本当に辛く切なく悲しいです。。。

「シェリー(チャルの別名)を捨てる人がいなければ起きなかった不幸です。」そうです。動物には何の罪もありません。悪いのはいつも人間です。その罪のない弱い立場の動物達を守りたい、救いたいというのが動物愛護に関わる全ての人の思いです。
かぎしっぽさんの今回の行動は自社の存在意義の否定であり全くありえない考えられない行為です。

2017-11-21.png

2017-11-21 -2

2017-11-21-3.png

2017-11-21-4.png

2017-11-21-5.png

2017-11-21 -6

2017-11-21-7.png

2017-11-21-8.png

2017-11-21-9.png

2017-11-21-10.png

2017-11-21-11.png


この問題の概要はこちらをご覧下さい。
http://kochianimallove.blog.fc2.com/blog-entry-442.html
その2はこちら
http://kochianimallove.blog.fc2.com/blog-entry-446.html
その3はこちら
http://kochianimallove.blog.fc2.com/blog-entry-448.html
その3-2はこちら
http://kochianimallove.blog.fc2.com/blog-entry-449.html

スポンサーサイト

高知県南国市のふれあいカフェかぎしっぽさん(あすも25合同会社)(愛玩動物保護育成センターしろうさぎ)について その3-2

高知県南国市のふれあいカフェかぎしっぽさん(あすも25合同会社)(愛玩動物保護育成センターしろうさぎ)について その3-2

この問題の概要はこちらをご覧下さい。
http://kochianimallove.blog.fc2.com/blog-entry-442.html
その2はこちら
http://kochianimallove.blog.fc2.com/blog-entry-446.html
その3はこちら
http://kochianimallove.blog.fc2.com/blog-entry-448.html

開示請求の結果ご報告
高知県に開示請求していたかぎしっぽと中央東保険事務所との面談記録が来たのでとりあえずご報告です。

10月2日~6日の間で相談は
3日9:30~
4日16:30~
の2回

10月3日
かぎしっぽ~中央東保険事務所は車で片道20分ぐらいかかる事
10:29FaceBookに臨時休業のお知らせ等を投稿した事
12:30から「ペット葬祭虹の橋さん」でコハルの葬儀(片道1時間の場所)
18:30に安楽死すると通知を元の保護主さんにした事

から判断すると
相談時間は1時間未満の可能性が高いです。

これが安楽死をさせるという判断をするのに十分な時間なのでしょうか?
犬の命はそんなに軽いですか??

23231106_861434914030793_8116927191397648599_n.jpg
23231110_861434870697464_7915692757120830769_n.jpg
23316382_861434784030806_4568413901292544217_n.jpg

高知ニャンとかなるワンの会

ホームページ
http://www.kochi-animal-love.com/
ブログ
http://kochianimallove.blog.fc2.com/
LineID
kochi.animal.love
メール
kochi.animal.love@gmail.com
FaceBook
https://www.facebook.com/Nyantokanaruwan
Twitter
@kochianimallove





高知県南国市のふれあいカフェかぎしっぽさん(あすも25合同会社)(愛玩動物保護育成センターしろうさぎ)について その3

高知県南国市のふれあいカフェかぎしっぽさん(あすも25合同会社)(愛玩動物保護育成センターしろうさぎ)について その3

この問題の概要はこちらをご覧下さい。
https://www.facebook.com/Nyantokanaruwan/videos/847336375440647/
その2はこちら
http://kochianimallove.blog.fc2.com/blog-entry-446.html
第2回:本当に各関連機関に相談したのか?
10/2(月)
18:00頃 帰宅したオーナーがミニチュアダックスの死体を発見
10/3(火)
18:30 元の保護主にチャルを安楽死すると通告
上の時系列を見てもらうと分かるのですが、かぎしっぽオーナーはミニチュアダックスの死体を発見してから約24時間でチャルの安楽死を決定しています。それを決定した理由として各機関としっかり相談した結果だと主張しています。
オーナーは私を夜中に呼び出して「保健所、訓練士、獣医師、顧問弁護士」と相談したと主張しました。それ本当に可能ですか?たった24時間で!?その24時間の間にミニチュアダックスをペット葬祭にも連れて行ってます。ペット葬祭「虹の橋」さんはかぎしっぽから片道1時間掛かる場所にあります。往復2時間、火葬の時間も含めると3~4時間はロスがあります。
どれだけ段取り良いのですか?相手の訓練士、獣医師、顧問弁護士はよっぽど暇なんでしょうか?みんなかぎしっぽさんの予定最優先で動いてくれたのでしょうか?愛犬を亡くしてショックを受けた人がこれほど段取りよく無駄のない行動が出来るものなんでしょうか?何もかもが疑問です。
残念ながら訓練士、獣医師、顧問弁護士の名前を黙秘しているので真否の確認は出来ません。保健所は現在開示請求してますのでその部分だけは真否が分かるかもしれません。結果はまたお知らせ致します。

次回は「3-2開示請求結果」を投稿致します。

高知ニャンとかなるワンの会

ホームページ
http://www.kochi-animal-love.com/
ブログ
http://kochianimallove.blog.fc2.com/
LineID
kochi.animal.love
メール
kochi.animal.love@gmail.com
FaceBook
https://www.facebook.com/Nyantokanaruwan
Twitter
@kochianimallove







高知県南国市のふれあいカフェかぎしっぽさん(あすも25合同会社)(愛玩動物保護育成センターしろうさぎ) について その2

高知県南国市のふれあいカフェかぎしっぽさん(あすも25合同会社)(愛玩動物保護育成センターしろうさぎ)
について その2

こんなバカみたいで意味のないネガティブな投稿は本来したくありません。しかし事実を多くの方に知ってもらう必要があります。だから書き続けます。
この問題の概要はこちらをご覧下さい。
http://kochianimallove.blog.fc2.com/blog-entry-442.html
未だにチャルちゃんの生死も行方も分かりません。なぜ分からないかというと事実を唯一知っているオーナーが黙秘を続けているからです。

多くの方が抱かれているようにオーナーの言動には矛盾点や不審な点が多々あります。その点を一つ一つ細かく分析していきたいと思います。

第1回:チャルちゃんは危険な犬だったのか?オーナーが言うように野犬だったのか?
オーナーは自身のインスタで9/17チャルの写真を載せてこのように投稿しています。
「保護犬のチャル・シェリーちゃんです。人に慣れてふれあうことができます。」
またボイスレコーダーの音声ではこう言っています。
「フェンスに勝手に手を突っ込んで噛まれたりという事故もありましたが、チャルちゃんに関してはそういう事故なかったんですよ。」
チャルを保護してかぎしっぽに託した方から写真や動画を見せて頂きましたが楽しそうに子供さんと滑り台を一緒に滑るチャルの姿がありました。

オーナーが主張するように各機関にちゃんと相談した(これもかなり疑わしいですが今回はしたという前提で話を進めます)としても相談する内容が事実と異なったら相談先は正しい判断は出来ません。
例えば病院に行って本当は足が痛いのに「頭が痛い」と申告するとその情報を元にお医者さんは判断するわけですから当然間違った診断をします。
実際は人に慣れていて人を噛んだことのない従順な子なのに「野犬で何度も他の犬を囓んで昨日はついに犬を噛み殺した凶暴な犬」という説明で相談をすれば相談する相手は判断を誤ります。
実際チャルを見たことのない私は夜中にかぎしっぽオーナーに呼び出され勝手な言い分を聞かされた時はもっと凶暴な犬を想像していました。しかし知れば知るほど従順で可愛い犬だという事が分かりました。

私を夜中に呼び出して必死で安楽死という判断の正当性を主張していましたがこの点だけをとっても正当性は全く無いことが分かります。

次回は「本当に各関連機関に相談したのか?」を投稿致します。

2017-10-14 23- (2)
2017-10-14 23- (1)

高知ニャンとかなるワンの会

ホームページ
http://www.kochi-animal-love.com/
ブログ
http://kochianimallove.blog.fc2.com/
LineID
kochi.animal.love
メール
kochi.animal.love@gmail.com
FaceBook
https://www.facebook.com/Nyantokanaruwan
Twitter
@kochianimallove






南国市のふれあいカフェかぎしっぽさんについて

南国市のふれあいカフェかぎしっぽさんについて

こんなネガティブな投稿は本当にしたくありませんでした。しかし絶対にしないといけない事が起こってしまいました。かぎしっぽさんの知名度アップに加担してしまった者として情報を正さなければいけないと思いました。ご理解ください。
何から説明していいのか分からないのでかなり順序がめちゃくちゃだと思いますが一つずつご説明していきます。

何が起こったか?  有料で引き取ったチャルちゃん(メス犬)を故意に殺しました(その可能性が非常に高い。オーナーが黙秘を続けているので状況証拠による推測)

何が問題か? 動物愛護者として故意に殺すという事は本当にあり得ない事なんです。保護した方は妊婦で夫が単身赴任のうえ多数のペットを抱えているという事で預かってくれる人を一生懸命探し、かぎしっぽさんにたどり着きました。保健所に連れて行ったらいいじゃないかと思う方がいるかもしれませんが保健所に連れていくと高い確率で殺処分になります。それはどうしても避けたかったんです。殺処分されず安心して過ごせる場所を見つけてあげたかった。それが保護した方の思いでした。保護主さんのその優しい思いも踏みにじりました。

なぜ故意だと言えるのか? 保護主さんにかぎしっぽさんから突然Lineが入りました。「明日11;00に安楽死させる」と。時刻は18:30分でした。21:22必死で譲渡先を探しだしそれをかぎしっぽさんに伝えました。しかし安楽死を止めようとしませんでした。次の日の朝8:40複数人で安楽死を止めるようお願いに行きましたがそこには既にチャルの姿はなく在宅しているのに呼び出しにも電話にもLineにも一切応答しませんでした。11:00までずっと外で待ち続けたのですがオーナーの兄を名乗る人が現れ高圧的な態度をとりながら「俺が話をするから迷惑やから帰ってくれ。2、3日連絡もするな」と言われその場を後にしました。その後オーナーの兄から説得に失敗したと連絡がありました。それ以来チャルちゃんの消息も安否も分かりません。

なぜこんな事を投稿するのか? まず故意に殺すという事は普通の人はもちろん動物愛護者であれば絶対にやってはいけない事だしありえない事です。たくさん保護飼育していたらちょっとした油断や知識の無さから動物が事故にあったり亡くなったりする事は必ずあります。それを管理が悪い、無知など責める人もいますが私は絶対に責めません。みんな自分が出来る範囲で出来る事を頑張ったうえでの事故だしその方の動物に対する真っ直ぐで誠実な気持ちを全く疑わないからです。また動物愛護に関わる人で変わった人は少なからずいます。人の批判ばかりしている人、動物には優しいのに人にはもの凄く感じ悪く接する人、色々いますが1つだけみんなに共通する事があります、それは動物に対する真っ直ぐで純粋な想いです。それを信じているから私は他の人のやり方や考え方を否定しませんし出来ることは協力してきました。
かぎしっぽオーナーの藤田さんとは以前から仕事の関係で顔見知りでした。印象は変わっている人だなと思ってたし良い印象はありませんでした。しかし今年から藤田さんがかぎしっぽをしている事を知り純粋に応援しようと思いました。理由は先に述べた通り「真っ直ぐで純粋な想い」を持っていることを信じて疑ってなかったからです。当会のFBやブログで紹介したり当会にきたテレビやラジオの取材の依頼をかぎしっぽさんを取材するようお願いしたりしました。私はかぎしっぽの知名度アップに加担してしまいました。
間違った情報でこれ以上チャロちゃんのような犠牲を出したくないと思い今回このような記事をアップする決断を致しました。

簡単な経緯
10/2(月) 
13:00チャルちゃんのエリアにミニチュアダックスの香春が穴を掘って進入。殺される。(時刻はオーナーが防犯カメラで確認)

夕方 帰宅したオーナーが発見(各エリアノーリードで自由に行動できる状態)

10/3(火)
12:30 香春の葬儀(かぎしっぽから片道1時間の場所)

18:30 元の保護主に安楽死すると通告(獣医師、顧問弁護士、保健所職員など関係機関と相談して決定したと主張)

21:22 元の保護主が譲渡先を見つけ連絡するも安楽死中止を拒否

10/4(水)
8:40 複数人でかぎしっぽを訪問するも一切中から出てこず電話もLineも無視
11:00 外でずっと待つもオーナーの兄が現れ現地を離れることを余儀なくされる

10/5(木)
20:57 かぎしっぽのオーナーから私(ニャンとかなるワンの会代表野村)に突然「会って話がしたい」と電話がはいる。チャルの安否は電話では言えないと言うので応じる

21:30 会って話を始める先方はオーナーの藤田さんと役員の安養寺氏
内容は簡単に言うと自己弁護のみ。チャルの安否も一切言わず。
(会話の内容は同意の上録音しましたのでFacebookの方でお聞き下さい)
https://www.facebook.com/Nyantokanaruwan/


これを最後に誰にも返事も連絡もしてきてません。

最後に
藤田さん、安養寺さん、もしあなた達に少しでも人の心があるのなら真実を教えて下さい。やってしまった事、失った信頼はもう元には戻りません。このまま黙秘を続けていたら周りの人や自分自身を裏切り続けることになります。道は一つしかありません。事実を公表しその事実を背負って生きていく事です。あなた達に善意が残っている事を私は信じています。

ニャンとかなるワンの会 代表 野村政弘


格安レンタルサーバー

とにかく安いので助かります。

ロイヤルカナンの栄養学講座

高知県の殺処分0を目指して

オリーブのパパ

Author:オリーブのパパ
このブログはアフィリエイトによって資金調達を目的に作りました。
ここでの収入は去勢避妊手術の推進、保護した動物への食費、医療費に使われます。
それ以外には一切使用いたしません。

Amazon
楽天市場
Yahooショッピング
Yahooトラベル国内宿泊
自動車保険一括見積り
ベルメゾン
ベルメゾンネット
ニッセン
ニッセン
ゼロ! こぎゃんかわいか動物がなぜ死なねばならんと?
熊本市の殺処分ゼロの軌跡を書いた本です

ゼロ! こぎゃんかわいか動物がなぜ死なねばならんと?

新品価格
¥1,470から
(2013/1/7 18:06時点)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。